一人の創設者と多くの理由

1934、アーデルバート・ハースが自分の企業を創設し、その地域の時計製作、精密機械、医療技術の各産業用に万能研削盤を製作。

1982年、Haas社は最初のNC研削盤を納入。顧客の驚嘆を招く。

1989年、Hannoverで開催されたEMOに、最初の5軸研削盤を出展。

1990年、Haasは独自のソフトウェア部門を立ち上げ。

1998年、Multigrind® HTを投入。400台以上を売り上げるテクノロジー的ヒット作に。

2007年、新規の研削盤Multigrind® CBがEMOに出展され、期待以上の反響を得る。この研削盤ファミリーのフラッグシップマシンは、業界において、またデザインの分野でも新しい標準機として位置づけられた。

2010年、HaasはMultigrind® CAを市場に導入。HAASキューブ構造設計で造られた二つ目の機械は、最大の能力を最小の空間で威力を発揮しています。

2012年、HaasはGrindTecで新研削ソフトウェアMultigrind® Horizonを発表。この形状ベース・ソフトウェは、まったく新しいアーキテクチャーに基づいている。またユーザーフレンドリーという点で新しい地平を開く。

2013年、11月にHaasは、創設者の名にちなむアルベルト・ハース通りの1番地に新設された新社屋に移転。

2013年12月には、流れ作業による生産がスケジュール通りにスタート。これはMultigrind機の組み立てを最適化するとともに、受注増への対応を考慮。

2014年、HaasはAMBにおいて、コンパクトで設置に場所を取らない工具研削機Multigrind® CUを発表します。その設置に要する面積はわずか3.8 m2。しかし技術装備とパフォーマンスには目を見張るものがあります。

Druckansicht